ホームページリニューアルしました。⇒ http://www.akaikutsu-shoes.jp/
 
 

健康靴、コンフォートシューズは横浜元町/東京麻布のドイツ足の健康館/バイタルステップ 赤い靴

ドイツ足の健康館
靴の販売・調整
健康な靴をお求めのお客様
足や靴でお悩みの方・スポーツを楽しむ方
高度な障害をお持ちの方
フットケア
お店の方
医療・福祉関係者各位
アクセス
お問い合せ
 

2009年6月24(水)  フットフリー駒込店で出張「足の相談会」をしています。

 

今年の4月に駒込にOPENした「フットフリー駒込店」というコンフォートシューズショップに、弊社スタッフが月に2回「足の相談会」に行っています。「フットフリー駒込店」では、日本ではあまり展開していない知る人ぞ知るヨーロッパのコンフォートブランドを取り扱っています。店舗はコストを抑えたシンプル(?)な造りで、商品は輸入コンフォートとしてはリーズナブルなものが中心です。

6月20日より夏のセールを行っているので、ご興味のある方はぜひ一度のぞいてみてください。

【フットフリー駒込店】

東京都文京区本駒込2-28-36

.03-5940-5592

※HPはありません。

 

2009年4月30(木)  モンテディオ山形を応援しています!

 

今年J1に昇格したモンテディオ山形が快進撃を続けています。

実は赤い靴はモンテディオ山形がまだJ2だったころから、選手にインソール(アインラーゲン)を作製してまいりました。

横浜の赤い靴がなぜ山形に・・・?と思われる方も多いかと思いますが、月に一度お伺いしている山形の病院の先生が

モンテディオ山形のチームドクターをされていることがご縁となりました。

インソールのおかげで快進撃!・・・と言いたいところですが、それはやはり選手の日々の努力の賜物ですね。

スポーツインソールはパフォーマンスを劇的に向上させるというよりは、

怪我の予防や足の負担を防ぐことに適しているようです。選手が長く最高のパフォーマンスを継続できるように、

赤い靴も微力ながらモンテディオ山形のお手伝いをしていきたいと思います!

モンテディオ山形公式ホームページ

 

2009年3月27(土)  MBT「オーソライズディーラー」に認定されました。

 

テレビや雑誌でも多く取り上げられている話題のMBTシューズ。

歩行やMBT理論を学んだMBTトレーナーの資格がないと販売ができない、ということも話題の一つとなっているようです。

そして今回、「しっかりしたトレーナーのいるお店で購入したい」というお客様のために、MBTの日本代理店であるエバニューが、数あるMBTの販売店の中でも特に信頼できるお店に対し、「MBTオーソライズディーラー」の認定を行いました。

もちろん当店もより専門的な上級トレーナーを配置した実績ある店舗として認定されております。特に当店は、ドイツの整形外科的靴調整技術による足のトラブル解決を行っておりますので、より詳しい足や歩行の分析も行うことが可能です。MBTの歩行のチェックだけなく、お時間のある方には併せて足のチェックも行いますので、ぜひお気軽にご利用ください。

 
 

2009年1月28(水)  2/7は日本整形靴技術協会学術大会のため全店臨時休業いたします。

 

誠に勝手ながら2月7日は第5回日本整形靴技術協会学術大会に参加するため、臨時休業とさせていただきます。申し訳ありません。

この会は「日本整形靴技術協会」主催のもと、関係者が一同に会し、その知識と技術を深めるものとして、毎年2月に開催されています。

今年は横浜開催ということで、弊社代表が大会長となり1年間準備してきました。

大会テーマは

「人広く、技深く、そして前へ」

です。

私達の技術や知識が閉鎖的なものでなく、足でお悩みの方々に真に役立つものとして発揮されるために、この業界全体が、広い視野に立ち、様々な分野の方々と交流し、その技術を深めていく姿勢が必要です。

この会を通して、業界全体が少しでも良いものをお客様に提供できるよう、レベルアップしていければと思います。

 

日本整形靴技術協会公式サイト

 
 

2009年1月4(日)  1/4より 麻布十番店にて冬物セール開催

 

麻布十番店にて冬物セール開催中!

夏の5周年セールが大変好評だったため、冬物セールも開催する運びとなりました。

インターネット上のみの告知ですので、このページをご覧になった方はラッキー(?)かもしれません。

有名コンフォートブランドが20%−30%OFFになっております。

1点ものも多いので、普段はお目にかからない商品も多数ございます。

ぜひこの機会をご利用ください。

 

2008年12月4(木)  12/5より 神奈川県優良小売店 表彰記念感謝券プレゼント企画

 

神奈川県優良小売店に表彰を記念して、感謝券の特別企画を実施します。

12月5日から28日までの間に、15,000円以上お買い上げの方に、3月5日〜5月末まで使える2,000円感謝券をプレゼント!

実際に使えるのは少し先になりますが、来年の春夏の新作などにお使いいただければ幸いです。

詳細は以下の通りです。

【プレゼント実施期間】12月5日〜12月28日(感謝券がなくなり次第終了します)

【実施店】元町本店・麻布十番店・バイタルステップ店

【対象】上記の期間で、1回のお買い物で15,000円以上お買い上げされた方

【プレゼント内容】 3月5日〜5月末まで使える2,000円券(15,000円以上の商品なら何にでも使えます)

ご来店お待ちしております!

 

2008年11月25(火)  神奈川県優良小売店として表彰されました。

 

この表彰は、県内で中小小売業及び飲食業を営む店舗の中から、独自の経営理念により個性のある店づくりを行い、地域経済の発展に寄与している優良小売店舗を対象として、県と社団法人神奈川県商工会議所連合会及び神奈川県商工会連合会との共催により毎年実施しているものです

30年以上、神奈川県を拠点として靴と足の健康について取り組んできた弊社ではありますが、このような賞をいただけたのも、多くのお客様に支えられきた賜物と感謝しつつ、賞に恥じないお店であり続けるという責任感を新たにしております。

 

 
 

2008年4月24日(木) 日本医科大学武蔵小杉病院にて「糖尿病と靴」で講演いたしました。

 

 

去る4月24日、日本医科大学武蔵小杉病院にて行われた「糖尿病チーム医療のための懇話会」(川崎市糖尿病懇話会とノボノルディスクファーマ社共催)で、弊社代表が「糖尿病と靴」という題目で、お医者様向けに講演を行いました。

糖尿病では傷の治りが悪くなるため、足に出来た角質や傷から潰瘍が発生し、ひどい場合には足を切断しなければならないケースもあります。欧米では早くから糖尿病に対する靴の重要性が認識されていて、お医者様とシューマイスターが緊密な連携がとれるシステムが確立しています。しかしながら、日本ではまだまだそういった連携はおろか、靴の重要性がなかなか理解されていないのが現状です。

講演では糖尿病に対するインソールや靴の有効性の話を中心に、実際のインソールや靴造りの様子などをご紹介しながらのあっというまの50分間でした。お医者様も高い関心をもって聞いておられたようで、ご好評をいただくことができました。

今後ともこうした活動を通じて靴の糖尿病に対する重要性を、少しずつ広めていけることができればと考えています。

(※講演依頼希望の方は akaikutsu-h@if-n.ne.jp までご相談ください)

 
 

2007年11月22日(木) 「メディカルウォーク教室」ステップ1 開催のお知らせ

好評のメディカルウォーキングの第二クールが下記の日程で始まります。

STEP1「腰・膝編」 STEP2「上半身」 STEP3「応用編」

の3STEPの講習で、あなたの歩き方がみるみる変わります。

姿勢が気になる方・歩き方を直したい方・腰痛や肩こりでお悩みの方

この機会をぜひご利用ください。

お申し込みは下記のメールアドレスまで。

黒田恵美子先生のプロフィールはこちら↓

http://www.i-jikan.jp/columnlist.html

 

【日程・場所】

STEP1 「腰・膝編」 

11月30日(金) 10時〜12時 ドイツ足の健康館 麻布十番店にて

 

【講習料】

6000円/1回

【申込方法】

氏名・連絡先を明記の上、下記にメールをお願いいたします。

(先着順となります)

E−mail : akaikutsu-a@if-n.ne.jp ドイツ足の健康館 麻布十番店 まで

     
 

2007年8月30日(木) 「メディカルウォーク教室」ステップ2 開催報告

「バイタルステップ 赤い靴」と「ドイツ足の健康館 麻布十番店」で行っているウォーキング教室のステップ2が数回にわたり、開催されました。

ステップ2は上半身の使い方のセミナーで、ステップ1で骨盤を中心とした下半身の講座を受けた人が対象です。

すでにステップ1を受講されているだけあって、理論の飲み込みもかなり早くなっているようです。

歩き方も、みなさんかなり復習されていたようで、かなり良い方向に改善されていたとのこと。

参加者の方の事後アンケートでも、「身体のいろいろな筋肉を動かせるような意識をもてるようになった」「中心軸を感じられるようになった」といった、内面の変化を感じられたコメントを多くいただきました。自分の中心軸が感じられればしめたものです。

次はいよいよステップ3「応用編」です。

 

 

     
先生のセミナーはまず理論から。皆さん真剣です。
 

この怪しげな動きは一体・・・?

もちろんこれも立派なトレーニングです。

 

2007年6月23日(土) 「黒田恵美子のメディカルウォーク教室」STEP1追加開催!

 前回お伝えした黒田先生の「メディカルウォーク教室」ですが、大変盛況だったため、ステップ1を追加開催いたします。

 

先日行われたステップ1では、歩き方の基本となる「腰・膝」の使い方に重点を置いて行われました。

ウォーキング教室というと、「まず正しい歩き方の手本を見せられ、それをまねして歩く」といった印象をもっている方も多いと思いますが、黒田先生のウォーキング教室は、「自分の中の正しい軸感覚」を感じてもらうことから始まります。

姿勢や歩き方は人によって違うため、軸の取り方のポイントも人によって違います。一人一人の姿勢や歩き方をチェックし、その人その人にとって正しい軸感覚を体感してもらう。従来のウォーキング教室とは異なる方法に、講習後のアンケートでも、ほとんどの方から「自分の姿勢の悪い点・くせがよくわかった」という感想をいただきました。

赤い靴グループでは、好評のためステップ1の追加開催いたします。ぜひ皆さんも自分自身の「正しい軸感覚」を体感してください!

黒田恵美子先生のプロフィールはこちら↓

http://www.i-jikan.jp/columnlist.html

 

【日程・場所】

STEP1 「腰・膝編」 

8月1日(水) 10時〜12時 ドイツ足の健康館 麻布十番店にて

8月21日(火) 10時〜12時 ドイツ足の健康館 元町店にて

※STEP1終了後は、STEP2 「上半身編」 STEP3「応用編」に進むことができます。

【講習料】

6000円/1回

【申込方法】

氏名・連絡先・ご希望の日程を明記の上、下記にメールをお願いいたします。

(先着順となります)

元町店での参加を希望の方・・・akaikutsu-m@if-n.ne.jp

麻布十番店での参加をご希望の方・・・akaikutsu-a@if-n.ne.jp

 

2007年5月6日(日) 「黒田恵美子のメディカルウォーク教室」開催決定!

 様々なメディアでウォーキングが取り上げられ、以前にも増して注目を浴びていますが、本当に身体によい歩き方を知っている人は少ないのではないでしょうか。また、いろいろなウォーキング方法が断片的に紹介されているため、誤った理解や解釈をされている方も少なくありません。

 そこで赤い靴グループでは、TV・雑誌等で著名な黒田恵美子先生をお招きして、ウォーキングをトータルに勉強できるセミナーを開講することになりました。骨盤を中心とした「腰・膝編」、肩を中心とした「上半身編」、仕上げの「応用編」の3セミナーに分けて、じっくりとウォーキングの基礎を学びます。まさに目からウロコのウォーキング理論です。

 

黒田恵美子先生のプロフィールはこちら↓

http://www.i-jikan.jp/columnlist.html

【日程・場所】

STEP1 「腰・膝編」 

6月5日(火) 10時〜12時 ドイツ足の健康館 元町店にて

6月6日(水) 10時〜12時 ドイツ足の健康館 麻布十番店にて

6月19日(火)10時〜12時 ドイツ足の健康館 元町店にて

※1講座につき定員15名です。

【講習料】

6000円/1回

【申込方法】

氏名・連絡先・ご希望の日程を明記の上、下記にメールをお願いいたします。

(先着順となります)

元町店での参加を希望の方・・・akaikutsu-m@if-n.ne.jp

麻布十番店での参加をご希望の方・・・akaikutsu-a@if-n.ne.jp

 

2006年11月18日(土) 第5回「痛みを和らげる〜ペインクリニックの効用〜」を開催

 

   今回の講演会はよこはまペインクリニックの黒田俊久院長を迎えて、新しい診療として注目され始めている
ペインクリニックについてお話いただきました。

  皆さんはどのような症状を抱えたときに病院に行こうと思いますか?

かゆみ、しびれ等様々な症状があると思いますが、 ほとんどの人が痛みを抱えて病院に行きます。その痛みを和らげることを専門とした診療がペインクリニックです。麻酔科に属し、 痛む箇所の神経をブロックする治療を行い、慢性化して体の負担を増やすだけの‘不必要な痛み’を取り除くそうです。
  第一部では痛みのメカニズムとペインクリニックの一般的な治療方法を説明して頂きました。具体的には、歯科で使用するような麻酔薬を患部の神経へ注射し、痛みを感じている神経を麻痺させます。そうすることで、痛みで緊張してしまった筋肉が緩み、 血行がよくなることで滞ってた酸素や栄養が患部に行き渡るそうです。麻酔薬が切れた後でもかなり長い時間血流が良くなるため、自然治癒力も高まり、痛みの根本を改善することができるとのお話でした。
  第二部では質問会を行い、参加者の方々から疑問点を直接先生に投げかけていただきました。
  なぜ痛むのかではなく、痛みとは何かと考えることにより、みなさん新たな視点で痛みとの付き合い方を学ぶことが出来たようでした。

  痛みには外反母趾や関節痛など原因を治療すれば治まる痛みと、原因を取り除いても続く痛みがあり、後者の場合は病院では直接的な原因がないため 湿布薬や痛み止めのみの治療になりがちです。
長い間痛みを抱えて悩んでいる方。ペインクリニックという新しい視点であなたの痛みを考えてみてはいかがでしょうか。

 
 

2006年6月17日(土) 第4回「整形外科医と考える講演会と相談会 〜足部の様々な障害」を開催

 ご好評いただいております講演会も今回で4回目。今回は皆さんの関心が最も高い外反母趾や踵の痛み、魚の目、モートン病など足部の様々な症状をテーマに、湘南鎌倉総合病院の大沼寧先生にお話いただきました。

 外反母趾などの痛みを軽減する方法として、サポーター・足底板の利用、運動療法、サプリメント、注射、手術と様々な方法があります。中でも運動療法は手軽ながら足の関節を動かすためにも最も重要で、タオルを手繰り寄せるなど3種類の筋力トレーニング方法を紹介していただきました。

 注意すべきは最近話題になっているサプリメント。関節補助作用が期待されているものもありますが、その成分によってはアレルギー反応を起こす可能性がある為、アレルギー体質の方は摂取する前に医師の指示を仰いだ方が良いとのことでした。

 そして、激しい運動を単発的に行なうよりも、毎日20分程度でもウォーキングすることの方が、体力をつけ、関節を無理なく動かすためにも必要となります。「1時間歩く!」と考えると億劫になってしまいますので、「10分歩く!」と気軽な気持ちでみなさんも始めてみてはいかがでしょうか?

 
 

2006年5月18日(木)  情報誌「サライ」(5/18発行)に弊社が紹介されました。 

サライ」は大人の生活情報誌として、旅行や健康をテーマに月2回小学館より発刊されていますが、今回「歩きやすさを極めた靴選び」という題で特集が組まれています。

その中で、118ページから2ページにわたって、弊社代表へのインタビューと中敷きの調整方法などが紹介されております。また、弊社でも取り扱いのある、「フィンコンフォート」「メフィスト」「クリスピー」など、ウォーキングに適した靴の紹介もされておりますので、ぜひ一度ご覧くださいませ。

   
 

2006年3月18日(土)  メフィストフェア開催!! 3/18-26    麻布十番店 

世界中から愛されている最高品質のウォーキングシューズブランド、「メフィスト」の9日間限定特別フェアを麻布十番店にて開催いたします。

メフィストは1965年フランスのマルタン・ミケエリ氏により、「世界で最も快適なウォーキングシューズを作る」というコンセプトのもと創業されたブランドです。その一切の妥協を許さない靴作りは、「歩くために生まれてきた芸術品である」と評されています。

メフィストの特徴はなんといっても、「品質と履き心地のよさ」に尽きるでしょう。アニリン染色加工された最も高品質な皮革を厳選し、熟練した職人たちの98以上にもなる手作業の工程を経て、丈夫で、しかも風格のある「メフィスト」が誕生します。

加えて、足をしっかりとホールドするヒールカップに代表される、解剖学的にデザインされた靴構造が、世界中のウォーキング愛好者から絶大な支持を集めています。

その品質の高さゆえ、価格も3万円〜5万円台後半と、少々お高いものになります。

しかしながら、メフィストの最高級革の丈夫さと、何度でも修理可能な靴底により、長い人で20年近く履いてただけることを可能にしています。履きこむほどにあなたの足に馴染み、味わいがでてくる革の表情を楽しむ。これもまたメフィストを持つ喜びの一つといえるでしょう。

今回のフェアでは、メフィストの最も人気のある商品をメンズ・レディースともにセレクトしています。

ぜひあなたの最高の一足を見つけてください。

※さらに履き心地をよくするために、メフィストのシューズに、ドイツ整形外科的技術によるインソール(アインラーゲン)を作製する  ことも可能です。ご希望の方はお気軽にご相談ください。

 
 

2005年11月27日(日) 第3回「整形外科医と考える講演会と相談会 〜膝関節障害」を開催

 元町の赤い靴会員様向けに開催している、「整形外科医と考える・・・」シリーズも早3回目。今回も湘南鎌倉病院より大沼 寧先生に講師をお願いし、お困りの方も多いであろう「膝関節障害」についてお話をいただきました。

 膝の痛みにはいくつかの原因があり症状にあった治療が必要です。原因を究明するために病院では様々な検査を行ないますが、どういった検査を何の為に行なうのかを、レントゲンの写真の見方、関節液からわかることなど実際の検査例を挙げて説明してくださいました。また、治療に関しては運動療法が効果的だそうで、今日から始められる簡単な筋肉トレーニングの方法なども紹介してくださいました。インソールによる痛みの軽減も大切なことですが、靴だけに頼らず運動により膝を支える筋肉強化を平行して行なうのが最も効果のある方法とのことでした。

 参加していただいた方からも、「日常の努力の大切さがよくわかり、励みになった」「いままでの疑問やなんとなく知識としてあったものが、整理できてよかった」とのお声をいただきました。ただやはり時間が少し短かったようで、「もっといろいろな話が聞きたい」という方が多かったようです。

     
          講演会の様子1  
講演会の様子2
 
 

2005年11月8日(火) 最新コンピューターによる測定機器を全店に導入

 最近新聞、TV等で最先端の医療技術が大きく取り上げられていますが、特にここ最近の医療分野におけるコンピュータ機器による技術的革新は目覚しいものがあります。そしてそれは、私たちのドイツオーソペディシューテクニックの世界でも同様といえるでしょう。

 ドイツ足の健康館では、足裏を3次元に把握し足裏の情報を正確に読み取るドイツの最新コンピューターを元町店・麻布十番店に導入しました。単に足底を測定し、足裏そのままの形の中敷きを作製する機器は今までもいくつかありましたが、この機器の優れた点は、ドイツの整形外科的知見に基づいた複雑な矯正的補正や、素材選びがコンピューター上で処理できるというところにあります。正確な基盤が作製されることで、最終的な技術者による調整がより完成度の高いものになります。

 足底挿板(アインラーゲン)の作製は、1ペア 15,000円〜 より受承っております。症状により調整額が変わりますが、お客様のご予算、ご要望に合わせてご相談させていただきます。足の悩みや痛みがある方はもちろん、もっと履きやすい靴をお探しの方は、ぜひ一度自分だけのオリジナルインソールを作製してみてはいかがでしょうか。

 

     
          測定  
PC上の補正
 
シューテクニックによる最終調整
 
 
 

2005年9月4日(日) 「バイタルステップ 赤い靴」 9月17日(土)新装開店のお知らせ

 

8月31日をもって閉店した「メフィスト館 赤い靴」に代わり、いよいよ9月17日より「バイタルステップ 赤い靴」がオープンします。より積極的な健康や生活をコンセプトに、今世界で最も注目を集めている歩行トレーニングシューズ「MBT」、イタリアの登山メーカーによる機能・デザインともに優れた「クリスピー」、スペインの斬新なデザインが魅力のカジュアルコンフォート「ピッコリノス」など、充実した商品で皆様をお待ちしております。もちろん引き続き「メフィスト」も取り扱っております。

また、開店記念として先着100名様に記念品もご用意しております。ぜひ一度ご来店くださいませ。

 
 

2005年7月16日(土) 「赤い靴 メディカル事業部」 出張サービスのご案内

 

高度な障害により、立位・歩行が困難な方に、「赤い靴 メディカル事業部」では、出張による採寸・型取りを行っています。範囲は基本的に関東一円となりますが、それ以外の地域でも訪問できる場合もありますので、お電話・メールにてご相談ください。(出張にかかる交通費はご依頼者様負担とさせていただきます。)

日時等をご相談の上、訪問させていただきます。

пF03-3479-1192

E-mail :akaikutsu-a@if-n.ne.jp

 
 

2005年7月9日(土) 「メフィスト館 赤い靴」 閉店セールのご案内 (7月12日〜8月31日)

 

長い間皆様にご愛顧いただいた「メフィスト館 赤い靴」が、2005年8月31日をもちまして閉店することとなりました。

メフィスト館は、世界のウォーキングシューズとして確固たる地位と名声を得たフランスMEPHISTO社より認定許可された、日本で初めての専門店でした。その後、その豊富な品揃えと元町という異国情緒あふれる立地条件もあいまって、順調に成長してきてまいりましたが、近年のお客様の「より積極的な健康の獲得」というニーズにお応えすべく、新店舗への衣替えを決意した次第です。

9月中旬からはメフィストのウォーキングシューズ、MBT、クリスピーなど、よりアクティブな健康を提供できる商品をセレクトした新コンセプトショップ、「バイタルステップ館(仮称)」のOPENを予定しております。大いにご期待くださいませ。

閉店に先立ち、これまでご愛顧いただいたお客様に感謝をこめて、7月12日〜8月31日の期間で閉店セールを開催いたします。メフィスト製品を今まで以上にお求め安い価格でご提供させていただきますので、ふるってご来店くださいませ。

※セール期間中も月曜日(祝日の場合翌日)が定休日になります。

※MBTも販売しておりますが、セール対象外となりますのでご了承下さい。

 
 

2005年5月14日(土) 元町店にて第2回「整形外科医と考える講演会と相談会 〜股関節障害〜」を開催しました。

 

今回も湘南鎌倉病院の大沼 寧(おおぬま やすし)先生を講師に迎え、先生の専門分野でもある「股関節障害」についてお話いただきました。股関節障害というと大掛かりな手術や入院を想像する人も多いと思いますが、最近では医学技術がかなり向上しているため、傷も小さく、回復も早いそうです。人工関節なども、昔と比べ耐久性はかなり高くなっているとのことでした。

また、股関節の負担を減らすためには、おしり周りの筋力を付けることが重要になりますが、股関節への過度な負担をかけずに筋力を鍛える方法なども紹介していただきました。

参加者からは「非常にわかりやすかった」「手術や人工関節に対し、不安感がなくなった」「セカンドオピニオンとして参考になった」といった反響をいただきました。また夫婦で参加された方にとっては、パートナーに病気を理解してもらう良い機会にもなったようです。

また、さすがに1時間では物足りない部分もあり、「もっといろいろな話を聞きたい!」という声もありましたが、今後も股関節については講演会のテーマとして取り上げていく予定です。

 
 

2005年2月26日(土) バベーネのマルコ・ミューラー社長(写真右)が麻布十番店に来店しました。

スイスの高級コンフォートシューズメーカー、“バベーネ”のマルコ・ミューラー社長が日本のコンフォートシューズ市場の視察のため、麻布十番店に来店しました。市場の特性は地域によって大きく異なりますが、ヨーロッパの中でさえ、国によってはっきりと好みが分かれるそうです。そのため各国の特性を考えて靴作りをされているとのことでしたが、日本の場合は何といっても、ヨーロッパ人と大きく異なる足型の違いに細心の注意を払っているようです。

 
 
 
 

2005年1月29日(土) 元町店にて第1回「整形外科医と考える講演会と相談会 〜関節リウマチ〜」を開催しました。

           

今年度より元町店では、湘南鎌倉総合病院の大沼 寧先生(整形外科医長)のご理解とご協力いただき、

<整形外科医によるミニ講演会と相談会>をシリーズで開催する運びとなりました。

第1回目のテーマ「関節リウマチ」です。

今回の大沼先生の講義では、「リウマチの歴史や症状」「薬の種類や使用例」といった基本的な事柄とともに、特に先生の専門分野である整形外科的な知見から「運動療法」や「手術の方法」などをわかりやすく紹介・説明していただきました。普段、関節リウマチの治療は内科的処方が主になるため、今回の講演会の内容は参加された皆さんにとっても、非常に興味深いものになったようです。講演会後は希望者による個別面談も行い、大変好評を得て第一回目を終えることができました。

次回のテーマは「股関節障害」を予定しております。(4月上旬予定)

 
Copyright (C) 2004 AkaiKutsu Corporation. All Rights Reserved.